読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の心はひび割れたビー玉さ

かわいいかわいいジャニーズくんたちを愛でるための場所

今更だけど辛うじて残っている記憶で『クロスハート』の感想を書く

 

 

書く書く詐欺になるのでとりあえず記録用として残しておきます。

 

ブルゴーニュ派の優馬くん演じるセザール(一之瀬悟)とリベルテ派の屋良くん演じるリュック(立花陸)の友情物語!(飛躍しすぎ)

本格的なミュージカルを見るのが初めてだったのでとにかくワクワクしてました。ミュージカルって急に歌い出すじゃん?笑っちゃったらどうしようとか思ってました。(案の定1番最初はふふっと笑ってしまいましたが)

脳内HDDがパンパンな為細かい記憶はないのであれですけど、簡単に感想を言うのであれば凄かった。物語の作り方というか、話の持っていき方っていうの?あぁ、あたしの好きなやつだ。途中で現代に戻るところとか、あぁそうなのか。と凄い引き込まれた。

優馬くんと屋良くんって最近はセットになってる事が多くて屋良くんのファンではないけど屋良くんのことは最近お目にかかる機会が沢山あったけど、実際に歌ったりしてるのを生で見るのが初めてだったので、あぁ流石。と。

優馬担をやってて優馬くんのどこが好きなんだろうって思う事がよくあるんだけど、もちろん全部好きだし顔なんて整ってて超タイプだし、喋ったらかなり面白くてとっても人間味があるところが好きなんだけど(思ったよりちゃんと理由あった)クロスハートを観劇して優馬くんの歌声に改めて魅了された。カラオケに行った時は(もちろん1人で)最後に歌うのは必ず『In The Name of LOVE』って決めてるぐらい優馬くんの歌が好きなんだけど、優馬くんの高音の出し方が超絶タイプだということに気付いてしまった。視覚と聴覚を両方を攻撃され死にかけた。

とにかくかっこいい。顔が濃いめでしっかりとした作りだから舞台で映えるし存在感出てるなぁ。と。前回観劇した『それいゆ』とはまた違って(作品の種類が違うから当たり前だけど)中山優馬の可能性がまた広がったなと期待が膨らんだ。

優馬くん、屋良くんはもちろん凄かったし流石だなぁ、と思ったけど寺西拓人くん、Love-Tune諸星翔希くんも凄くいい味出してた。寺西くんは『49』(佐藤勝利主演ドラマ)のイメージが強くて、『ガムシャラ』のどの回だか忘れたけど足つぼマットで「ちゃぁ〜」(リアクションの声だけで『おもちゃのチャチャチャ』を完成させるとかなんとかっていう企画)って言ってた子ぐらいの知識しかなかったから歌も歌えるじゃん!っていう新たな発見。

見てて特に印象に残ったのが女性出演者の3人。声が綺麗。透き通る歌声に鳥肌立って幕間に調べたらティエリ役の大湖せしるさんとアルセーヌ役の蘭乃はなさんは宝塚出身の方でした。驚いたのがカミーユ役の唯月ふうかさんがホリプロスカウトキャラバン出身なんですね。びっくりでした。唯月ふうかさんの歌声がとにかく綺麗で美しいかった。

 

 

 

↑ここまで書いてかなり放置してた。

もう書けない。中途半端だけどおわり。